盲導犬ハンドブック

温泉・銭湯を利用するとき


■温泉・銭湯などの施設のスタッフの皆さまへ■

大きなお風呂にゆったり、ゆっくりつかり、日ごろの疲れを癒したいと思うのは、 日本人なら誰もが思うことです。 視覚障害者も同じです。盲導犬を伴う、伴わないに関わらず、すべてのお客様が ゆっくりとくつろげるようにご配慮ください。(P14をご参考にしてください)

  1. 大浴場(脱衣場を含む)への盲導犬の同伴は適切ではありません。
  2. 宿泊施設にある大浴場を利用する場合は、盲導犬を客室で待たせてもらうように 盲導犬使用者に伝えましょう。
  3. 銭湯やクアハウスも同様です。銭湯やクアハウスを利用する場合、 同伴者がいる時には同伴者に預かってもらい、同伴者がいない時や同伴者も 一緒に入浴される際には、施設側で犬の預かりをお願いします。

■補助犬を受け入れてくださるお店、施設に
 「補助犬同伴可ステッカー」の表示を

補助犬同伴可ステッカー
ステッカー
補助犬同伴可ステッカーを製作し、皆様にご協力をお願いしています。このステッカーは、店頭に貼っていただくことにより、一般のお客様に補助犬に対する理解を深めていただくとともに、補助犬使用者の方々に安心して各施設をご利用いただけることを 趣旨としています。