トップページ > トピックス

トピックス

「魔法少女まどか☆マギカ」盲導犬普及支援ポスター第二弾 新作完成!

 

写真

盲導犬普及支援オリジナルポスターは、視覚に障がいのある方を
支える盲導犬とその育成を支えるスタッフやボランティアの日常、
バックグラウンドをモチーフにシリーズとして、これまで福岡県
の北九州市、福岡市を中心に学校教育機関(一部公共機関)にて、
掲示を実施して参りました。2001年から開始された学内掲示は
11年目となり、これまで述べ4000校となります。

視覚障がい者の社会参加と、生活を支えるために必要な補助犬、
「盲導犬」を育成するためには、引退犬ボランティア、パピーウォ
ーカーなど多くの「人の手」が必要とされます。
盲導犬をはじめ、補助犬全般や視覚に障がいを抱える方々を取り
巻く周辺の事情、心からのサポートについて、少しでも多くの皆
さんに関心を持って頂きたいと願い、制作致しました。

今回のポスターは、昨年末に文化庁主宰の「第15回文化庁メディア
芸術祭 アニメーション部門大賞」を受賞し、話題を独占した人気作品
「魔法少女まどか☆マギカ」より、昨年発表の佐倉 杏子さんに続く
第二弾目は、魔法少女「暁美ほむら」さんを起用させて頂きました。

盲導犬は、生後2ヶ月から1歳になるまでの約1年間「パピーウォーカー」
という飼育ボランティア宅(一般のご家庭)で、節度ある愛情を持って
育てられ、候補犬が成犬になると盲導犬になるための訓練をうけるため、
訓練センターに戻ることになる。

今回のポスターでは、「子犬とのお別れ」もパピーウォーカーにとって
重要な役目であることを是非知って欲しい、そしてこれまで家族や親友
同然に共に過ごしてきた候補犬が立派に成長し、はれて盲導犬としての
訓練をうけることになる巣立ちを是非応援してあげて欲しいとの願いが
込められています。

原画を担当してくださったのは「魔法少女 まどか☆マギカ」の総作画
監督の谷口 淳一郎氏、そして美術は東地 和生氏に特別に手がけて頂き
ました。

つぶらな瞳の黒い候補犬、愛らしい「アプリ」ちゃんと暁美ほむらさん
が、夕日に照らされた幾重にも連なる美しい雲をバックにともに過ごし
た楽しい思い出を回想しながら、佇む構図になっています。

離れることになっても、犬は共に過ごした人のことを忘れたりはしない。
それはパピーウォーカーの気持ちも同じ。たとえどんなに時が経っても。

【ポスターに関するお願い】
ポスターに関するお電話・FAX、メールでの個別のお問い合わせは、
くれぐれもご遠慮下さい。
※認定NPO法人全国盲導犬施設連合会は、少人数のスタッフで運営して
おりますので、皆様のご理解・ご協力をお願い申し上げます。


ポスターの詳しい情報をお知りになりたい方は、下記サイトより
ご覧ください。

ナノ國 [盲導犬普及支援オリジナルポスター 公式サイト]

http://www.nkoku.jp/

トピックス一覧へ